ブルズ クリス・ダンのワークアウトに不満?

【PR】

昨年夏のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからシカゴ・ブルズに移籍したクリス・ダンは、これからのブルズを担うであろうと期待されているポイントガードだ。

だが、ここ最近のワークアウトがダンのキャリアを変えてしまうかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ブルズのコーチ陣、およびフロントオフィスはダンのワークアウト週間に不満を持ち、良い印象を抱いていないという。

これにより、ブルズは今年のドラフト7位指名権でポイントガードを獲得する可能性が浮上。

仮にブルズがポイントガードのプレイヤーを獲得した場合、ダンはベンチ起用となってしまうかもしれない。

この夏はFAプレイヤー獲得に動かず、来年夏に動くと噂されるブルズ。

まずは今年のドラフトに注目だ。

なお、今季のダンは52試合に出場し、平均29.3分のプレイで13.4得点、4.3リバウンド、6.0アシスト、2.0スティール、FG成功率42.9%、3P成功率32.1%を記録。

ルーキーだった2016-17シーズンはウルブズで78試合に出場し、平均17.1分のプレイで3.8得点、2.1リバウンド、2.4アシスト、1.0スティール、FG成功率37.7%、3P成功率28.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】