【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「ウォリアーズは俺を受け入れてくれた」

オクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍後、ケビン・デュラントは2年連続でファイナルMVPに輝き、チームの連覇に貢献した。

サンダー時代と比較すると、デュラントの平均得点はダウンしている。

だが、デュラントは自身が成し遂げていることを誇りに思い、ウォリアーズ愛を実感しているようだ。

デュラントは自身の数字について次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「周りに良いチームメイトがいなければ、ベストプレイヤーになることは簡単だと思う。周りに素晴らしいチームメイトがいたら、目立つのは難しいよね」

「どこでも目立ってることを、俺は誇りに思う。どこに行ってもハードに働いてることを誇りに思う。ここの男たちは俺を受け入れてくれたし、俺は自分自身をウォリアーと感じてるんだ」

FAになるデュラントはウォリアーズと再契約を結ぶ可能性が高く、スリーピートへ向けて準備を進めることになるだろう。

果たしてウォリアーズ王朝はいつまで続くのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA