ジョディ・ミークス オプション行使でウィザーズ残留へ

【スポンサーリンク】

ベテランガードのジョディ・ミークスが、来季もワシントン・ウィザーズでプレイすることになる模様。

ESPNによると、ミークスは2018-19シーズンのプレイヤーオプションを行使し、ウィザーズ残留を決断したという。

ミークスは2017年にウィザーズと2年契約。

2017-18シーズンはローテーションに組み込まれ、ベンチプレイヤーとして活躍した。

ウィザーズはこの夏にロスターの調整に動くと予想されるが、ミークスにはベンチプレイヤーとしての貢献を期待したい。

なお、2017-18シーズンのミークスはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均14.5分のプレイで6.3得点、1.6リバウンド、0.9アシスト、FG成功率39.9%、3P成功率34.3%を記録。

キャリア9年を通してミルウォーキー・バックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、デトロイト・ピストンズ、オーランド・マジック、ウィザーズでレギュラーシーズン通算531試合に出場し、平均22.6分のプレイで9.3得点、2.1リバウンド、1.1アシスト、FG成功率41.8%、3P成功率37.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA