【スポンサーリンク】

ロケッツ エリック・ゴードンのトレードを検討?

ベテランガードのエリック・ゴードンはヒューストン・ロケッツ移籍以降にかつての輝きを取り戻し、チームの起爆剤として活躍している。

だが、FAになるスーパースターたちの動向次第では、ロケッツを離れなければならないかもしれない。

realgm.comによると、ロケッツは他チームからのトレードオファーを受け付けているという。

ロケッツはレブロン・ジェイムス、もしくはポール・ジョージの獲得を狙うと噂されているが、彼らにマックス契約をオファーするためには主力クラスのプレイヤーを放出しなければならない。

そのため、ゴードン、およびライアン・アンダーソンの放出が噂されているわけだが、すべてはFAになるスーパースターたちの動向次第となりそうだ。

なお、昨季のゴードンはレギュラーシーズン69試合に出場し、平均31.2分のプレイで18.0得点、2.5リバウンド、2.2アシスト(キャリアワースト)、FG成功率42.8%、3P成功率35.9%を記録。

プレイオフでは17試合に出場し、平均32.3分のプレイで15.4得点、2.6リバウンド、1.6アシスト、FG成功率38.0%、3P成功率33.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA