【スポンサーリンク】

ジャマール・クロフォード 移籍先の決断について「フィットするかどうか」

ベテランガードのジャマール・クロフォードは先日、来季のプレイヤーオプションを破棄し、FAになることを宣言した。

昨年夏にロサンゼルス・クリッパーズからミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したものの、与えられた出場機会に不満を感じていたとされるクロフォード。

現時点ではウルブズから離れる可能性は高いと予想されるが、クロフォードが移籍先のチームの基準について言及した模様。クロフォードのコメントをThe Athleticが伝えている。

「もっとも重要なのは、(チームに)フィットすること。すごく、すごく重要なことだと思う。NBAでいろんな状況を見てきた。フィットすることがすごく重要なんだ」

38歳という年齢にもかかわらず、高いスキルを武器にトップレベルのパフォーマンスを続けているクロフォード。

どのチームでプレイすることになろうと、変わらないパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA