【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド「オーナーグループの一部になりたい」

ドウェイン・ウェイドは現役を引退するか、それとも続行するかまだ決めていない。

だが、少なくとも引退後のプランは立てているようだ。

ウェイドによると、現役引退後はNBAチームのオーナーになりたいという。ウェイドのコメントをbloomberg.comが伝えている。

「NBAのオーナーシップの一部になりたい。チームを買うつもりはないよ。そんな金は持ってない。ただ、偉大なオーナーシップグループの一部になりたいんだ」

「だけど、まずは引退しなきゃいけない。その時が来たらね」

「シアトル。シアトルのチーム、ソニックスに戻ってきてもらいたい。シアトルは素晴らしいバスケットボール都市だと思うんだ。その一部になりたい」

シアトル・スーパーソニックスは、2007-08シーズン終了後にフランチャイズをオクラホマシティに移した。

ウェイドの働きでソニックスが復活することになれば、シアトルファンは歓喜することだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA