リッチ・ポール「2018年はレブロン・ジェイムスがやりたいことについてだった」

【スポンサーリンク】

リーグを代表するスーパースターであるレブロン・ジェイムスは、地元のクリーヴランド・キャバリアーズを離れ、ロサンゼルス・レイカーズへの移籍を決断した。

過去にはキャブスからヒート、そしてヒートからキャブスへ移籍した経緯があるジェイムス。

これらの決断を振り返り、ジェイムスのエージェントを務めるリッチ・ポールがコメントした模様。Sports Illustratedが伝えている。

「彼がマイアミに行った2010年は、チャンピオンシップについてだった。彼がクリーヴランドに復帰した2014年は、約束を届けることについてだった。2018年は、彼がやりたいことをやることについてだったんだ」

つまり、ジェイムスはレイカーズ移籍を切望していたのだろう。

ロサンゼルスでエンターテインメントビジネスを拡大させるとされるジェイムス。

プレイオフ進出を逃し続けているレイカーズをファイナルへ導けば、新たな伝説誕生となるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA