ルーク・ウォルトンHC「我々が負けたら世界の終わり」

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス獲得に成功したロサンゼルス・レイカーズは、タイトルコンテンダーへの復帰が期待されている。

ウェスタン・カンファレンスは二連覇中の王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ、クリス・ポールとジェイムス・ハーデン擁するヒューストン・ロケッツなど強豪チームがおり、激戦となることが予想されているが、ルーク・ウォルトンHCはジェイムスを加えたレイカーズに自信を持っているようだ。

ウォルトンHCは今のレイカーズについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「都市全体が我々を支えてくれるだろう。我々が負けたら、それは世界の終わりだ。我々が勝ったら、それはワイルドだ。いずれにせよ、おもしろくなるだろうね」

ジェイムス移籍が決まった後、ウォルトンHCはマイアミ・ヒートのエリック・スポエストラHCに電話をかけ、アドバイスをもらったという。

8年連続で所属チームをファイナルに導いているジェイムスは、再建中のレイカーズも引き上げることができるだろうか。

ウォルトンHCの手腕と共に、ジェイムスのパフォーマンスにも期待が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA