Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スタン・バン・ガンディ「復帰するか分からない」

【スポンサーリンク】

2014年に5年契約でデトロイト・ピストンズのヘッドコーチに就任したスタン・バン・ガンディはこの夏、契約をあと1年残していながらも解雇された。

バスケットボールオペレーション部門とヘッドコーチの仕事を同時に失ったバン・ガンディ。

だが、コーチの仕事への情熱は失われていないようだ。バン・ガンディのコメントをdetroitnews.comが伝えている。

「(来季も)仕事があれば、コーチの仕事を続けるつもりだった。今は分からない。失ってしまったんだ。妻は私が引退することを望んでる」

「メディアの仕事や大学でのコーチング、スポーツマネジメントプログラムなどを探してもらってる。何かやりたい。ただ、コーチングじゃないならハードに働きたくないね。コーチをしたい。コーチじゃないなら、セミリタイアしたい。どうなるかまったく分からないんだ」

バン・ガンディ在任中にピストンズがプレイオフに進出したのは、2015-16シーズンの1度のみ。

当時はレブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズとファーストラウンドで対戦し、スウィープで敗退した。

かつてオーランド・マジックをファイナル進出に導いたバン・ガンディ。

果たしてNBAチームのヘッドコーチに復帰できるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA