サンズ ポイントガードのトレード獲得を計画?

【スポンサーリンク】

再建中のフェニックス・サンズは先日、ヒューストン・ロケッツとのトレードでマーキース・クリスとブランドン・ナイトを放出し、ライアン・アンダーソンとデアンソニー・メルトンを獲得した。

だが、トレードによる補強はこれにとどまらないかもしれない。

larrybrownsports.comによると、サンズはリーグトップクラスのポイントガード獲得を狙っているという。

ポートランド・トレイルブレイザーズのダミアン・リラードやシャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカー、ボストン・セルティックスのテリー・ロジールが獲得候補に挙がっていたというが、いずれも失敗。

現在のロスターに登録されているポイントガードはアイザイア・キャナン、キャリア2年目を迎えるシャキール・ハリソン、ルーキーのエリー・オコボのみであるため、経験と実績あるポイントガードを加えて再建を加速させたいのだろう。

一方、トレード要員となる資産が少ない点が悩みどころかもしれない。

かつてはアイザイア・トーマス、エリック・ブレッドソー、ゴラン・ドラギッチとリーグトップクラスのポイントガードを擁していたサンズ。

フロントコートとウィングポジションはプレイヤーが揃いつつあるだけに、ポイントガードポジションが再建への鍵となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA