エネス・カンター「イーストはAAU、ウェストはザ・リーグ」

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがクリーヴランド・キャバリアーズからロサンゼルス・レイカーズへ移籍したことにより、イースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスの間に大きな戦力差が生じたと報じられている。

リーグを代表するスーパースターの多くはウェストのチームに所属しているため、メディアもイーストよりウェストに注目するだろう。

ニューヨーク・ニックスのエネス・カンターもそう感じているようだ。

カンターはデマーカス・カズンズを加えた王者ゴールデンステイト・ウォリアーズと各カンファレンスについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(ウォリアーズは)何の問題もない。法に反したことは何もやってないからね。クリス・ポールに起きたことを振り返ってみると、リーグは彼をレイカーズに行かせなかった。リーグは少し損したかもしれないね。なぜなら、ほとんどの人は『いずれにせよゴールデンステイトが勝つだろう。だからこれ以上観戦には行かない』というふうになるんだ。評価はかなり高いけど、ファンは何が起きてるのか疑問に感じてるんじゃないかな」

「イーストとウェスト。イーストを見ると、AAUチームの集まりのようなものだよね。そしてウェストはザ・リーグだ」

カンターの発言に対し、イーストのチームのプレイヤーたちは奮起を誓うことだろう。

イーストを牽引するであろうボストン・セルティックスやフィラデルフィア・セブンティシクサーズなどには評価を覆すパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA