リアンジェロ・ボール ドラフト漏れの理由は「コート外での行いかも」

【スポンサーリンク】

ラバー・ボール家次男のリアンジェロ・ボールは、今年のドラフトでロサンゼルス・レイカーズから指名されると考えていた。

ドラフト当日は父ラバー・ボールが設立したJBAリーグの開幕戦と重なっていたため、ドラフトに備えたリアンジェロ・ボールはゲームに参加せず、コートサイドで弟ラメロ・ボールを応援。

だが、レイカーズはもちろん、どのチームもリアンジェロ・ボールを指名しなかった。

これについて、リアンジェロ・ボールは次のようにコメント。usatoday.comが伝えている。

「指名されなかった夜は最悪だった。俺のプレイ方法に問題があるのかなと思った。もしくはコート外でやってしまったことかなと思った。当然かな。大丈夫だよ」

リアンジェロ・ボールはUCLA所属時代、中国遠征の際に万引きを働いて逮捕された。

ただ、どのチームからもトレーニングキャンプに招聘されていないため、コート外の行いよりコート上でのパフォーマンスに問題があるのかもしれない。

とはいえ、シーズン途中にNBAチームに加わるチャンスもある。

巡ってきたチャンスを逃さないためにも、自身のパフォーマンスレベルを上げておきたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA