ドック・リバースHC 元セルティックスメンバーの不仲を「見たくない」

【スポンサーリンク】

ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレン、ラジョン・ロンドを擁したボストン・セルティックスは2007-08シーズン、ファイナルでロサンゼルス・レイカーズを下し、タイトルを獲得した。

だが、主力のひとりであったアレンは2011-12シーズン終了後、当時のライバルであったマイアミ・ヒートへ電撃移籍。

ピアースやガーネット、ロンドはアレンの移籍を裏切り行為とみなし、以降は絶交状態となっている。

当時のヘッドコーチだったドック・リバースHCは、この状況を悲しく思っているようだ。リバースHCのコメントをbleacherreport.comが伝えている。

「月日が経ち、崩壊した。見たくない。レイが(殿堂入り式典で)祝われるのを見たい。ここで多くのことを言うわけじゃないが、レイは我々とタイトルを獲得したんだ」

「彼は祝福されるべきだと思う。ボストンで祝福されるべきだ。願いがひとつあるとすれば、あのグループを取り戻すための仕事ができたらと思う。そうあるべきだ。彼らは本当に仲が良かったから。今起きてることに、私は本当に傷ついてる」

アレンは先日、殿堂入り式典でガーネット、ロンド、ピアースとは「話さないだろう」と語っていた。

ピアースとは約1年前に会話を交わしたものの、ガーネット、ロンドとはいまだコミュニケーションを取っていない。

果たしてアレンの殿堂入り式典でガーネット、ロンド、ピアースは祝福の辞を述べるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA