レイ・アレン「復帰に近づいたことは一度もなかった」

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートで過ごした2013-14シーズン終了後にFAになったレイ・アレンは、タイトルコンテンダーチームとの契約を求めていたものの、どのチームとも契約を結べないまま現役を終えた。

一時はゴールデンステイト・ウォリアーズでの復帰説も浮上したが、アレンによると、復帰に近づいたことは一度もなかったという。アレンのコメントをThe Athleticが伝えている。

「復帰に近づいたことは一度もなかった。引退したままだった。年をとると準備するのがどんどんタフになるんだ。チームが実際に俺を起用するとしたら、俺にどんなことを求めるのか知りたかった」

「数チームは、若手のメンターとして俺にベンチにいることを求めた。そういう形で復帰したいとは思わなかった。復帰するなら、プレイでチームを助けたかったんだ」

多くのプレイヤーはキャリア晩年をメンターとして過ごし、出場機会は激減する。

だが、アレンのプレイに対する意欲は相当強かったのだろう。

残念ながらNBAの舞台でアレンのプレイを見ることはできなくなったが、BIG3リーグ参戦を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA