マーク・プライス ナゲッツのアシスタントコーチに就任

【スポンサーリンク】

現役時代にリーグ屈指のシューターとして活躍したマーク・プライスが、アシスタントコーチとしてデンバー・ナゲッツに復帰する模様。

ESPNによると、プライスはデンバー・ナゲッツとアシスタントコーチ契約で合意したという。

プライスは1997-98シーズンを最後に現役を退いた後、高校や大学でアシスタントコーチを務めると、オーストラリアのチームをヘッドコーチとして指揮。

ナゲッツのアシスタントコーチとしてNBAに復帰すると、アトランタ・ホークス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、オーランド・マジック、シャーロット・ボブキャッツ/ホーネッツでアシスタントコーチを歴任した後、2017年までノースカロライナ大学シャーロット校のチームのヘッドコーチを務めた。

シューティングの指導者として定評あるプライスACの下、ナゲッツの若手有望株はさらに精度の高いショットを身につけることだろう。

なお、プライスは現役キャリア12シーズンを通してクリーヴランド・キャバリアーズ、ワシントン・ブレッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、オーランド・マジックでレギュラーシーズン通算722試合に出場し、平均29.9分のプレイで15.2得点、2.6リバウンド、6.7アシスト、1.2スティール、FG成功率47.2%、3P成功率40.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA