ウルブズ ジョアキム・ノア獲得は断念?

【スポンサーリンク】

トム・ティボドーHC率いるミネソタ・ティンバーウルブズは先日、ベテランフォワードのルオル・デンを獲得した。

これでデン、ジミー・バトラー、デリック・ローズ、タージ・ギブソンと、ティボドーHCの下で働いた元シカゴ・ブルズの戦士が4人揃うことになる。

そして、ここにジョアキム・ノアが加わる見込みだと報じられていたが、ノアがウルブズに加わることはないかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウルブズはラグジュアリータックスの支払いを避けるため、レギュラーシーズンロスター14名で開幕を迎える見込みだという。

ノアにはバイアウトやトレードの噂が出ていたものの、籍はまだニックスにある。

現時点ではニックスで新シーズン開幕を迎え、シーズン中に何らかの動きがあると考えるべきなのかもしれない。

一方、ウルブズはカール・アンソニー・タウンズとの延長契約を控えており、サラリーキャップの関係上、その契約内容にも注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA