ジミー・バトラー 去就についてウルブズと議論か?

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズのオールスターガード、ジミー・バトラーは、来年夏にプレイヤーオプションを破棄することでFAになれる。

一部ではバトラーが他チーム移籍を希望しているとも噂されているが、バトラーは新シーズン開幕を前にウルブズと今後について話し合うようだ。

The Athleticによると、バトラーは現地17日にウルブズのトム・ティボドーHC、スコット・レイデンGMと面会し、チームのロードマップを聞く予定だという。

ウルブズから納得できるロードマップを提供されなければ、バトラーの気持ちは他チーム移籍に傾くかもしれない。

ボストン・セルティックスのカイリー・アービングも来年夏にFAになるが、バトラーとアービングはチームメイトになることを考えているとも噂されている。

ちなみに、バトラーは昨季中、カール・アンソニー・タウンズおよびアンドリュー・ウィギンスに不満を持っており、衝突していたと報じられていた。

ティボドーHCは問題視していなかったものの、それが真実であればバトラーの他チーム移籍の可能性は十分ありそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA