デイビッド・スターン レブロン・ジェイムスのヒート移籍決断は「ひどかった」

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスはキャリア7年をクリーヴランド・キャバリアーズで過ごした後、悲願のタイトル獲得を求めてマイアミ・ヒートへ移籍した。

ジェイムスのヒート移籍当時、キャブスファンはジェイムスに対して敵意を顕にし、ジェイムス自身も謝罪することとなったわけだが、元NBAコミッショナーのデイビッド・スターンはその状況を避けるべく動いていたようだ。

スターンは当時を振り返り、次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「あれはひどかった。ひどかった。ひどいことになることを、我々は分かってた。だから、そうならないようにすごく懸命に動いてたんだ」

ヒートへ移籍したことにより、ジェイムスの評判は落ちてしまった。

だが、ヒートを2度のチャンピオンに導くと、キャブスに復帰。

そしてキャブスに念願のタイトルをもたらした。

コミッショナーだったスターンはジェイムスの移籍を阻止したかったようだが、現コミッショナーであるアダム・シルバーは当時どう見ていたのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA