Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レイ・アレン「レブロン・ジェイムスは自身を再開発しないと」

【PR】

マイアミ・ヒートとクリーヴランド・キャバリアーズをチャンピオンに導いたレブロン・ジェイムスはこの夏、名門ロサンゼルス・レイカーズへの移籍を決断した。

ジェイムスの移籍により、レイカーズへの注目度は急上昇しているが、ヒート時代にジェイムスと共にプレイし、タイトル獲得に貢献したレイ・アレンは、レイカーズがタイトルを獲得するにはジェイムスがプレイスタイルを変える必要があると感じているようだ。

アレンはジェイムスについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「レブロンでさえ、彼自身を再開発しなきゃいけない。彼と一緒にプレイした時、彼と違うことをやれる男たちがたくさんいた。だから、彼は常に重荷を背負う必要はなかった。クリーヴランドは少し違ったよね。彼はより多くのシューターを必要とした」

「(レイカーズに)シューターは多くない。じゃあどうやってフィットする?(ランス・)スティーブンソンと(ラジョン・)ロンドはボールを持つタイプ。だから彼はその責を少し諦めるだろうね。それなら彼はスポットアップシューターになるの?それとも他の男たちがスポットアップシューターになるの?見るのがおもしろくなりそうだ」

近年のリーグではアウトサイドショットが主流となっているが、レイカーズはアウトサイドシューターを揃えるのではなく、プレイメイカーを中心とするロスターを作り上げつつある。

レイカーズの新たな試みがうまくいけば、リーグの流れに変化が訪れるかもしれない。

それと同時に、ジェイムスのさらなる進化にも注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】