Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケビン・ガーネット ウルブズは「デリック・ローズを先発させるべき」

【PR】

昨季途中にミネソタ・ティンバーウルブズ入りしたデリック・ローズは、レギュラーシーズン中こそ振るわなかったものの、プレイオフでは素晴らしいパフォーマンスを見せた。

チームはファーストラウンドでヒューストン・ロケッツに敗れてしまったものの、ローズにとっては自信を取り戻すプレイオフだったと言えるだろう。

ウルブズのレジェンドであるケビン・ガーネットもローズのパフォーマンスを認めているようだ。

ガーネットはローズについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「歳はとっていくけど、知識はどこにも行かないよね。ピック&ロールにおいて、今の彼はより狡猾になってる。チームメイトたちにショットを供給できるし、彼自身もショットを決めることができる。私なら彼を先発させるね」

ティボドーHCはジェフ・ティーグを先発起用し、タイアス・ジョーンズとローズをバックアップとして起用。

だが、ローズがプレイオフのような安定したパフォーマンスを継続できるなら、先発ポイントガードのポジションを射止める可能性も十分ありそうだ。

2度の大怪我以来、かつてのパフォーマンスを失ってしまったローズ。

当時のような爆発力は戻らないだろうが、ベテランらしい狡猾なパフォーマンスで存在感を示してもらいたいところだ。

なお、ウルブズ移籍以降のローズはレギュラーシーズン9試合に出場し、平均12.4分のプレイで5.8得点、0.7リバウンド、1.2アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率16.7%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均23.8分のプレイで14.2得点、1.8リバウンド、2.6アシスト、FG成功率50.9%、3P成功率70.0%(10本中7本)を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】