ドウェイン・ウェイド ヒートでの現役最終シーズンを発表

【スポンサーリンク】

去就が注目されていたドウェイン・ウェイドが、現役続行を正式に発表した模様。

ただし、来季がウェイドの現役ラストシーズンになる見込みだ。

ESPNによると、ウェイドは2018-19シーズンもマイアミ・ヒートでプレイし、ラストシーズンになることを発表したという。



つまり、ウェイドのプレイは2018-19シーズンで見納めとなる。

ウェイドにとってはもちろん、多くのファンにとっても特別なシーズンとなり、またロードゲームではウェイドに感謝と労いの意を表するセレモニーが開催されることだろう。

なお、ウェイドはヒートと1年240万ドルの契約を結ぶ見込みだ。

昨季のウェイドはクリーヴランド・キャバリアーズとヒートでレギュラーシーズン合計67試合に出場し、平均22.9分のプレイで11.4得点、3.8リバウンド、3.4アシスト、0.9スティール、FG成功率43.8%、3P成功率28.8%を記録。

キャリア15年を通してヒート、シカゴ・ブルズ、キャブスでレギュラーシーズン通算982試合に出場し、平均34.5分のプレイで22.5得点、4.7リバウンド、5.7アシスト、1.6スティール、FG成功率48.3%、3P成功率28.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA