パット・ライリー リハビリ中のディオン・ウェイターズは「開幕戦に間に合わないかも」

【スポンサーリンク】

今年1月に左足首を手術し、リハビリを続けていたマイアミ・ヒートのディオン・ウェイターズが、トレーニングキャンプおよび2018-19シーズン開幕戦を欠場する見込みである模様。

ヒートのパット・ライリーはウェイターズの現状について次のように説明。sun-sentinel.comが伝えている。

「足の手術からリハビリを続けてるディオン・ウェイターズは、9月25日にスタートするトレーニングキャンプに間に合わないだろう。10月17日のレギュラーシーズン開幕にも間に合わない可能性がある。ヒートのメディカルチームとトレーニングスタッフが彼を治療し、すべてのバスケットボール活動をこなせるようになるまで、ディオンはコートに戻らない」



昨年夏にヒートと4年5200万ドルの契約を結んだウェイターズ。

ここ数シーズンは怪我に苦しんでいるだけに、完治するまでリハビリを続け、またコートでクラッチタイムでの力強さを見せてもらいたい。

なお、昨季のウェイターズはレギュラーシーズン30試合に出場し、平均30.6分のプレイで14.3得点、2.6リバウンド、3.8アシスト、0.8スティール、FG成功率39.8%、3P成功率30.6%を記録。

キャリア6年を通してクリーヴランド・キャバリアーズ、オクラホマシティ・サンダー、ヒートでレギュラーシーズン通算365試合に出場し、平均28.7分のプレイで13.3得点、2.7リバウンド、2.8アシスト、1.0スティール、FG成功率41.2%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA