マーカス・スマート 他界の母に「また会う日まで安らかに」

【スポンサーリンク】

マーカス・スマートの母は今年4月に骨髄腫瘍と診断され、闘病生活を続けてきた。

だが、現地16日に他界。

母が骨髄腫瘍と診断された当時、スマートは親指の負傷で戦線離脱していたものの、最愛の母から「チームに戻れ」と言われていたという。

そのスマートが他界した最愛の母へ向け、メッセージを発信。thescore.comが伝えている。

「あなたのことをそれほど愛し、あなたを失ってどれほど悲しいか、言葉にするには十分な時間がない。また会う日まで安らかに眠ってください。最も強い女性である母、カメリア・スマートへ」



親指の怪我から復帰したスマートは、セカンドユニットの中心プレイヤーのひとりとしてボストン・セルティックスのカンファレンスファイナル進出に貢献。

闘病生活を続ける母の言葉を胸に、最大限の努力を誓いながらプレイしていたことだろう。

癌により、2004年に33歳という若さで他界した兄に続き、母まで失ってしまったスマート。

家族の想いを背負い、来季もセルティックスを牽引する活躍を見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA