ニックスのスティーブ・ミルズGM「今のロスターに集中する」

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズにトレードを要求したと報じられたジミー・バトラーは、ブルックリン・ネッツ、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・クリッパーズへの移籍を希望していると噂されている。

だが、少なくともこのオフシーズン中にニックスがバトラー獲得に動くことはなさそうだ。

ニックスのスティーブ・ミルズはバトラー獲得について次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

「1年前に話した時から、我々のプロセスと再建方針は変わってない。我々はいかなるステップも逃さない。約束しよう。1歩ずつのステップだ。このロスターにいる男たちに集中する。彼らを成長させる。それから進んでいくんだ」



ニックスはクリスタプス・ポルジンギスを中心とし、若手有望株たちで再建を狙っている。

チームによってはベテランのスタープレイヤーを加え、プレイはもちろん若手のメンターとしての役割を求めるところもあるが、バトラーはウルブズの若手との間に確執があるとされているため、ニックスとしてはその点を危惧しているのかもしれない。

なお、バトラーはシカゴ・ブルズ時代にも若手の姿勢を批判し、ロッカールームで問題を引き起こしたとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA