アンソニー・デイビス クラッチスポーツとエージェント契約

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズのオールスターフォワードであるアンソニー・デイビスは先日、長い付き合いのあったエージェントを解雇した。

その後、新たなエージェントを探していたが、前エージェント解雇から約2週間後、新たなエージェントと契約したようだ。

slamonline.comによると、デイビスはクラッチスポーツグループとエージェント契約を結んだという。

レブロン・ジェイムスやベン・シモンズ、ジョン・ウォールなどそうそうたるスタープレイヤーもクラッチスポーツグループとエージェント契約を結んでいる。

デイビスはペリカンズとの契約をあと2年残しているものの、契約最終年はプレイヤーオプション。

つまり、オプションを破棄すれば来年夏にFAになり、新たな契約を求めることが可能だ。

ペリカンズが結果を残すことができなければ、来年夏はデイビス周辺が騒がしくなることだろう。

なお、昨季のデイビスはレギュラーシーズン75試合に出場し、平均36.4分のプレイで28.1得点(キャリアハイ)、11.1リバウンド、2.3アシスト(キャリアハイ)、1.5スティール(キャリアハイタイ)、2.6ブロックショット、FG成功率53.4%、3P成功率34.0%(キャリアハイ)を記録。

キャリア6年ではレギュラーシーズン通算410試合に出場し、平均34.8分のプレイで23.4得点、10.3リバウンド、1.9アシスト、1.3スティール、2.4ブロックショット、FG成功率51.7%、3P成功率30.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA