ジミー・バトラーのトレード先最有力候補はヒート?

【スポンサーリンク】

オールスターガードのジミー・バトラーは先日、FAになる来年夏に再契約する意思がないことをミネソタ・ティンバーウルブズに伝え、トレードを要求したと報じられた。

バトラーは開幕までにトレードで移籍すると見られており、現時点で10チームがバトラー獲得に乗り出しているようだ。

uproxx.comによると、バトラーのトレード獲得にはクリーヴランド・キャバリアーズ、ブルックリン・ネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、デトロイト・ピストンズ、マイアミ・ヒート、ヒューストン・ロケッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サクラメント・キングス、ミルウォーキー・バックス、ワシントン・ウィザーズ、トロント・ラプターズが興味を持っており、中でもヒートが最有力候補に挙がっているという。



一方、バトラーを獲得するには、それなりのトレード要員を準備しなければならないだろう。

現時点ではジョシュ・リチャードソンとケリー・オリニクがトレード候補として噂されているが、トム・ティボドーHCがこれに納得するかは定かではない。

果たしてこのトレードは成立するのだろうか。

なお、ウルブズはバトラーと一緒にゴーギー・ジェンもトレードで放出すると噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA