サム・プレスティGM アンドレ・ロバーソンは「接触なしドリルでトレーニングキャンプ参加」

【スポンサーリンク】

今年1月に左膝を負傷し、残りのシーズンを全休したオクラホマシティ・サンダーのアンドレ・ロバーソンは、復帰へ向けてリハビリを続けている。

だが、順調に回復しているものの、トレーニングキャンプでは一部の練習のみに参加するようだ。

サンダーのサム・プレスティGMはロバーソンの状態について次のようにコメント。247sports.comが伝えている。

「ドレについて言うと、順調に進んでる。彼はコートに復帰する。我々と共にトレーニングキャンプの一部に参加するだろう。接触なしのね。彼はまず接触なしの練習に取り組まないといけない。それからゲームシチュエーションのパフォーマンスを取り戻さないといけない」

「彼の正確な復帰時期は分からない。ただ、彼の不在期間はそれほど長くならないと思ってる。ただ、これは医療だ。人間のパフォーマンスだ。人間の身体だ。だから、いつ復帰するか言うことはできない」



プレスティGMによると、ロバーソンは先週と比較するとより多くの練習に取り組めているという。

ロバーソンは先月、12月中に復帰できることを望んでいると話していた。

ロバーソンはサンダーにとって重要なディフェンシブプレイヤーであるだけに、時間をかけて健康を取り戻してもらいたいところだ。

なお、昨季のロバーソンはレギュラーシーズン39試合に出場し、平均26.6分のプレイで5.0得点、4.7リバウンド、1.2アシスト、1.2スティール、FG成功率53.7%、3P成功率22.2%、フリースロー成功率31.6%を記録。

キャリア5年ではレギュラーシーズン通算295試合に出場し、平均22.5分のプレイで4.6得点、4.0リバウンド、0.9アシスト、0.9スティール、FG成功率48.2%、3P成功率25.7%、フリースロー成功率46.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA