ペイサーズ ドマンタス・サボニスとTJ・リーフにオプション行使へ

【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズが若手2人に対し、プレイヤーオプションを行使する模様。

The Athleticの記者によると、ペイサーズの球団社長であるケビン・プリチャードが、キャリア3年目に突入するドマンタス・サボニス、およびキャリア2年目に突入するTJ・リーフに対し、チームオプションを行使する予定であることを明かしたという。

サボニスとリーフが身体検査をクリア後、ペイサーズは正式にチームオプションを行使する見込みだ。

2016年のドラフト11位指名でリーグ入りしたサボニスは昨季、ペイサーズでレギュラーシーズン74試合に出場し、平均24.5分のプレイで11.6得点、7.7リバウンド、2.0アシスト、FG成功率51.4%、3P成功率35.1%を記録。

2017年のドラフト18指名でリーグ入りしたリーフは昨季、ペイサーズでレギュラーシーズン53試合に出場し、平均8.7分のプレイで2.9得点、1.5リバウンド、0.2アシスト、FG成功率47.1%、3P成功率42.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA