トニー・パーカー ホーネッツ移籍の決め手は「マイケル・ジョーダンからの連絡」

【スポンサーリンク】

ベテランポイントガードのトニー・パーカーはこの夏、キャリア17年を過ごしたサンアントニオ・スパーズを離れ、シャーロット・ホーネッツへの移籍を決断した。

パーカーのこの決断の決め手となったのは、偉大なレジェントからの勧誘だったのかもしれない。

パーカーによると、偉大なレジェンドであり、現在はシャーロット・ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダンからの連絡が移籍の決め手になったという。

パーカーは当時を振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「MJから連絡があった時に終わったよね。彼からメールをもらった。俺は子供の頃からMJに憧れてた。彼は俺の大好きなプレイヤー。俺のことを何年も知ってる人は、それを知ってるよね。彼は俺の大好きなプレイヤーだったし、彼になりたかった。彼がいたからバスケットボールをプレイしたいんだ」



ジョーダンはシカゴ・ブルズ一筋でプレイした後、キャリア最後の2年をワシントン・ウィザーズで過ごした。

パーカーによると、自身の状況はジョーダンのキャリア晩年に似ているという。

ホーネッツではケンバ・ウォーカーのバックアップとして起用される見込みのパーカー。

スパーズで培った経験と知識をホーネッツにもたらし、プレイオフ復帰に導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA