ケンバ・ウォーカー「どこにも行きたくない」

【スポンサーリンク】

シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーにはトレードの噂が出ていたが、その噂はすぐに消え、来季もホーネッツのエースとしてプレイする予定だ。

だが、2018-19シーズンは契約最終年であり、来年夏には完全FAとなるため、新シーズンは新たな契約を勝ち取るための時間とも言えるだろう。

そのウォーカーがホーネッツへの愛を改めて表した模様。

ウォーカーはホーネッツについて次のようにコメント。the Charlotte Observerが伝えている。

「ここは俺がいたい場所。どこにも行きたくない。ここシャーロットで何か特別なことを成し遂げたい。ここでこれまで成し遂げられなかった何かをね」

「チームの一部でありたい。そう感じてる。俺たちはここ何年も一貫して勝つ組織じゃないよね。ここシャーロットで一貫した組織の一部になりたいんだ」



ウォーカー在籍の8年間でホーネッツがプレイオフに進出したのは2013-14シーズンと2015-16シーズンのみ。

ウォーカーとしても毎年プレイオフに進出するチームにし、タイトル獲得を目指したいところだろう。

来季をその1年目とすべく、最高のパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA