デイビッド・ヌワバ「ペイサーズよりキャブスのほうがフィットする」

【スポンサーリンク】

この夏に完全FAとなったデイビッド・ヌワバは先日、クリーヴランド・キャバリアーズと1年契約を結んだ。

ヌワバにはインディアナ・ペイサーズから2年契約のオファーがあったが、ヌワバは1年契約をオファーしたキャブスを選択。

その理由をヌワバ本人が説明したようだ。

ヌワバはキャブスと契約した理由について次のように説明。cleveland.comが伝えている。

「インディアナは2年契約で俺を求めた。でも、クリーヴランドのほうがフィットすると思ったんだ。このチームにはベテランと若手がいる。だから完璧にフィットすると思ったし、ここでチャンスを得られると思ったのさ」



キャブスにはロサンゼルス・レイカーズで共にプレイしたラリー・ナンスJrとジョーダン・クラークソンがいる。

おそらくそれもキャブス移籍を決断させた要因のひとつだろう。

レブロン・ジェイムスが移籍したことで弱体化が危惧されるキャブスだが、25歳のヌワバにはさらなるステップアップを期待し、キャブスの中心プレイヤーになってもらいたい。

なお、昨季のヌワバはシカゴ・ブルズでレギュラーシーズン21試合に出場し、平均23.5分のプレイで7.9得点、4.7リバウンド、1.5アシスト、FG成功率47.8%、3P成功率34.6%を記録。

ルーキーだった2016-17シーズンはレイカーズでレギュラーシーズン20試合に出場し、平均19.9分のプレイで6.0得点、3.2リバウンド、0.7アシスト、FG成功率58.0%、3P成功率20.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA