【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「インサイドの俺はアンストッパブル」

近年のNBAでは、ビッグマンにもアウトサイドショットが求められている。

ラインアップはよりスモール化し、インサイドプレイヤーの重要度は低くなってしまったと言えるだろう。

だが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのオールスターセンター、ジョエル・エンビードは、インサイドでのプレイをもっと増やそうと考えているのかもしれない。

エンビードは自身について次のようにコメント。sportressofblogitude.comが伝えている。

「インサイドの俺はアンストッパブルだと思う。新しいファウルシステムのうえでね。つまり、ディフェンスが俺に接触する機会を生む出すことができるし、ファウルをもらえる。それをアドバンテージにしなきゃいけない」

若手有望株たちがプレイオフという大舞台で大きな経験を積み、今季はさらなる躍進が期待されているシクサーズ。

エンビードはその期待をプレッシャーとしてではなく、モチベーションにしているという。

チームだけでなく、センタープレイヤーの復権も狙うエンビード。

今季はインサイドで支配力のあるパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA