【スポンサーリンク】

JR・スミス マーカス・スマートは「フロッピングリーダー」

クリーヴランド・キャバリアーズのJR・スミスは、先日行われたプレシーズンゲームでボストン・セルティックスのアーロン・ベインズともつれて倒れた。

憤慨したスミスはベインズを強く押したところ、マーカス・スマートがスミスに接触。

スミスにはテクニカルファウルがコールされ、スマートには退場処分が科されたわけだが、スミスが騒ぎを大きくしたスマートを批判したようだ。

スミスはスマートについて次のようにコメント。The Athleticが伝えている。

「あの状況を難しくしたい男。彼(スマート)はフロッピングにおいてリーグリーダーだ。フロッピングして、状況を難しくすることはできない。それでうまくいくのかい?バスケットボールをプレイしに来たんじゃないとしよう。コーチにプレイするよう言われ、フラストレーションを溜める。そして誰かに八つ当たりするのさ」

キャブスとセルティックスが次に対戦するのは現地11月30日だ。

この試合は両者にとって負けられないものとなり、激しいバトルが繰り広げられることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA