【スポンサーリンク】

デリック・ローズ「誰かの仕事を奪うためにいるわけじゃない」

ミネソタ・ティンバーウルブズのデリック・ローズは、プレシーズンゲームで安定したパフォーマンスを続けている。

かつてのような爆発力はないものの、ウルブズ躍進への貢献が期待されているローズ。

だが、ローズは中心的な存在としての自身を取り戻すのではなく、あくまで歯車となり、チームのステップアップに貢献したいと考えているのかもしれない。

ローズは自身の考えについて次のように言及。The Athleticが伝えている。

「俺は誰かの仕事を奪うためにここにいるわけじゃない。キャリアが始まった当初はそういうポジションだった。そして、そうしたよ。俺は助けになるためにここにいる。誰かのスポットを難しくするためにいるわけじゃない。そういう話はクレイジーだよね。先発出場は期待してない。それは俺じゃない。チームが俺に求めることをただやるんだ」

若手が多いウルブズにおいて、ベテランのローズにはリーダーシップの役割も期待されるだろう。

シカゴ・ブルズ時代の大怪我以降、難しい時間が続いていただけに、ウルブズで新たなキャリアを築いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA