【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー トム・ティボドーHCにトレードの意思を再度伝達?

ジミー・バトラーの心は、すでにウルブズにはないようだ。

バトラーは先日、トム・ティボドーHCなどウルブズのフロントオフィスと面会。

その際にトレードを要求し、ウルブズもバトラーの要求に応じてトレード交渉を続けているも、まだ合意に至っていない。

このままの状況が続けば、バトラーは来季までウルブズでプレイする可能性もあったが、その可能性もなくなってしまうかもしれない。

The Athleticによると、バトラーは現地8日にティボドーHCと面会し、トレードの意思を再び伝えたという。

ウルブズがマイアミ・ヒートをはじめ、複数のチームとトレード交渉を行っていた。

だが、ウルブズの要求が高すぎるとされ、トレード交渉はいったんストップしている。

ウルブズの2018-19シーズン開幕戦は現地10月17日。

トレード交渉がまとまらなかった場合、バトラーがウルブズに合流するかは不明だが、ウルブズはバトラーありきで開幕の準備を進めていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA