ティム・フレイザー ペリカンズに復帰

【スポンサーリンク】

NBAキャリア5年目に突入するガードのティム・フレイザーが、古巣ニューオーリンズ・ペリカンズに復帰したようだ。

RealGMによると、ミルウォーキー・バックスから数日前にウェイブされたフレイザーをペリカンズが獲得したという。

また、フレイザー獲得に伴い、フォワードのトロイ・ウィリアムスをウェイブしたようだ。

フレイザーは2015-16シーズン途中にペリカンズに加わり、2016-17シーズンまで所属したものの、2017年オフにワシントン・ウィザーズに移籍。

この夏にバックスとトレーニングキャンプ契約を結んだものの、現地10月15日に解雇された。

ペリカンズは強豪ヒューストン・ロケッツとの開幕戦を勝利で飾り、白星発進。

フレイザーにもこの勢いに乗り、ペリカンズを支えてもらいたい。

なお、昨季のフレイザーはウィザーズでレギュラーシーズン59試合に出場し、平均14.2分のプレイで3.0得点(キャリアワースト)、1.9リバウンド(キャリアワースト)、3.3アシスト、FG成功率39.5%、3P成功率30.4%を記録。

キャリア4年を通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ペリカンズ、ウィザーズでレギュラーシーズン通算186試合に出場し、平均18.0分のプレイで5.2得点、2.3リバウンド、4.0アシスト、FG成功率40.2%、3P成功率31.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA