クリス・ダン 膝内側側副靱帯捻挫で4~6週間離脱へ

【スポンサーリンク】

先日のダラス・マーベリックス戦で負傷離脱したシカゴ・ブルズの先発ポイントガード、クリス・ダンが、少なくとも11月下旬までコートに立たないようだ。

ブルズによると、ダンは中度の膝内側側副靱帯捻挫により、4~6週間離脱する見込みだという。

ダンは子供の誕生のために開幕戦を欠場し、マブス戦から加わったものの、今季1試合目で負傷することとなってしまった。

ダン不在の間はキャメロン・ペインが先発ポイントガードのポジションで起用される見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA