アンドリュー・ウィギンス ジミー・バトラーとの関係は「クール」

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズのジミー・バトラーは昨季、アンドリュー・ウィギンスとカール・アンソニー・タウンズの姿勢に疑問を持ち、不仲の関係にあると報じられた。

そして、バトラーはオフシーズン中にトレードを要求。

バトラーは来年夏により大きな契約を狙うためにトレードを要求したと噂されたが、やはりウィギンス、タウンズとの関係にも注目が集まるだろう。

バトラー復帰後初練習時には、バトラーが闘争心をむき出しにし、自身の必要性を叫んだというが、ウィギンスはバトラーとの関係に何の問題もないと感じているようだ。ウィギンスのコメントをtorontosun.comが伝えている。

「バスケットボールプレイヤーであり、競技者。ただの競い合う練習だった。外で言われたようなことは何もなかった。みんなが思ってるようなカオスな状況じゃないよ」

「人々は誇張したがるよね。俺が巻き込まれたとも言われてる。俺には何も起こってない。俺はただバスケットボールをプレイしてるだけさ」

バトラーが今季中、もしくは来年夏にウルブズを去るのはほぼ確実。

バトラーが去った後のウルブズは、ウィギンスが牽引しなければならないだろう。

短い時間かもしれないが、バトラーから多くを学び、今後に活かしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA