ザック・ラビーン「良いリズムを見つけた」

【スポンサーリンク】

キャリア5年目を迎えているシカゴ・ブルズのザック・ラビーンは、今季3試合を終えた時点で平均32.3得点と、素晴らしいスタートを切っている。

チームは3戦3敗と苦しい状況を強いられているものの、ラビーン個人としてはスタートダッシュに成功したと言えるだろう。

まだ3試合ではあるものの、膝の前十字靭帯断裂前のようなパフォーマンスを見せているラビーン。

ラビーン自身も一定の手応えを掴んでいるのかもしれない。

ラビーンは自身について次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「良いリズムを見つけたと思う。レギュラーシーズン中もキープしなきゃね。昨季のことを今でも考える。自分のリズムを掴もうとしてた。良いゲームが2試合あったら、悪いゲームが2試合あった。アップダウンがあったように感じてる。今は俺が俺であるべきところに完全に復活したんだ」

アウトサイドショットのタッチも素晴らしく、リーダーとしてブルズを牽引しているラビーン。

今後はディフェンスの改善も求められるであろうが、オフェンスのペースを落とすことなく、ブルズを牽引し続けてもらいたい。

なお、今季のラビーンは平均35.7分のプレイで32.3得点、3.7リバウンド、2.7アシスト、FG成功率61.8%、3P成功率45.0%を記録。

キャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズとブルズでレギュラーシーズン通算233試合に出場し、平均28.8分のプレイで14.2得点、3.0リバウンド、3.2アシスト、FG成功率44.1%、3P成功率37.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA