スコット・ブルックスHC「オットー・ポーターはプレイし続けないと」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズの先発ポイントガード、ジョン・ウォールは先日、チームの協調性について疑問を投げかけた。

ウォールによると、チーム全員が自己中心的なプレイに走っているわけではなく、一部のプレイヤーに限られるというが、ウィザーズを指揮するスコット・ブルックスHCも問題に気付いているのかもしれない。

スコットHCはシックスマンのケリー・ウーブレイとスターターのオットー・ポーターについて次のようにコメント。The Washington Postが伝えている。

「君たちがここ3試合のケリーを見てるか分からないけど、彼はもっと多くの出場時間を得るに値する。彼が好調を維持すれば、もっと出場時間を得ることになるだろうね」

「オットー、分かってると思うけど、彼はプレイし続けないといけない。ショットやショットメイキングを気にすることはできないけど、ケリーは良いプレイをしてる」

ベンチ出場のウーブレイはポーターより出場時間が短いながらも、スタッツは上回っている。

この状況が続くようなら、スターター抜擢の可能性も十分あるだろう。

一方、キャリア6年めのポーターにとってはひとつの正念場となりそうだ。

なお、今季のポーターは5試合に出場し、平均29.4分のプレイで10.6得点、5.2リバウンド、0.6アシスト、1.6スティール、1.0ブロックショット、FG成功率42.6%、3P成功率23.8%を記録。

ウーブレイは5試合に出場し、平均27.4分のプレイで15.6得点、6.2リバウンド、0.4アシスト、FG成功率51.9%、3P成功率50.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA