キャブス タイロン・ルーHCを解雇

【スポンサーリンク】

今季6試合を終えた時点でまだ白星をあげることができていないクリーヴランド・キャバリアーズが、ヘッドコーチの交代に動いたようだ。

ESPNによると、キャブスはタイロン・ルーHCを解雇したという。

新たなヘッドコーチが決まるまでの間、ラリー・ドリューが臨時ヘッドコーチを務める。

キャブスのコビー・オルトマンGMはカイル・コーバーとJR・スミスの出場時間を減らし、若手の出場時間を増やすよう要望していた一方で、ルーHCは先日の試合でコーバーとスミスをローテーションに加えており、意見の相違もあったようだ。

キャブスをタイトル獲得に導き、素晴らしいヘッドコーチキャリアをスタートさせたルー。

レブロン・ジェイムス離脱の影響が大きかったが、ファイナルを指揮した経験をこれからのコーチングキャリアに活かすことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA