ヤニス・アンテトクンポ 脳震盪プロトコル入りで離脱

【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスがオールスターフォワードのヤニス・アンテトクンポを欠いた状態でしばらく戦わなければならなくなったようだ。

RealGMによると、先日のオーランド・マジック戦で頭部を強打したアンテトクンポが脳震盪プロトコルに入り、離脱することになったという。

脳震盪の兆候が見られた直後の検査はクリアし、プレイの許可が与えられたアンテトクンポ。

だが、翌日になっても頭痛が取れず、再検査を受けたところ、脳震盪プロトコルに入ったようだ。

6勝0敗と最高のスタートダッシュを切ったバックスは、同じく6勝0敗のトロント・ラプターズと対戦。

アンテトクンポ抜きのバックスは厳しい戦いを余儀なくされるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA