【スポンサーリンク】

エリック・スポエストラHC「我々にはボールハンドラーがたくさんいる」

先発ポイントガードのゴラン・ドラギッチを足の痛みで欠いたマイアミ・ヒートは、若手中心に再建中のアトランタ・ホークスに敗れた。

ヒートはポイントガードの層が薄く、純粋なポイントガードはドラギッチただひとり。

最近ではポイントガード補強の必要性も聞こえるようになったが、チームを指揮するエリック・スポエストラHCはポイントガード不足を特に気にしていないようだ。スポエストラHCのコメントをthe Sun Sentinelが伝えている。

「我々にはボールハンドラーがたくさんいる。決まったポイントガードがいるチームと同じように、我々のロスターはボールハンドラーとプレイメイカーの層が厚いんだ」

一昔前と比較すると、今はポジションの概念が薄れつつある。

アウトサイドショットとプレイメイカーの重要性が増す中、ヒートも新たなスタイルを確立しようとしているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA