ラリー・ドリュー キャブスと契約合意

【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHCを解雇したクリーヴランド・キャバリアーズは、アソシエイトヘッドコーチのラリー・ドリューに臨時ヘッドコーチ職を依頼した。

だが、ドリューは臨時HC職を嫌い、キャブスからの契約オファーを受け入れずにいたが、ようやく今季を通してチームを指揮する覚悟が決まったようだ。

ESPNの記者によると、ドリューは今季残りの契約と来季の部分保証契約に合意したという。

ただし、キャブスが来季、新しいヘッドコーチを見つけたら、ドリューはバイアウトでキャブスを離れると報じられている。

ここ数年と比べると、非常に難しい時間を強いられているキャブス。

ドリュー臨時HCの下、早い段階で調整し、プレイオフ進出を狙いたいところだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA