Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドレイモンド・グリーン X線検査結果はネガティブ

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのオールスターフォワード、ドレイモンド・グリーンは、先日のメンフィス・グリズリーズ戦で右足を負傷した。

だが、幸いにも大きな怪我ではなかったようだ。

ESPNによると、グリーンのX線検査の結果はネガティブだったという。

ウォリアーズのディフェンスを支えるグリーン。

長期離脱は免れそうだが、グリーン不在の間はベンチメンバーにステップアップしてもらいたいところだ。

なお、スティーブ・カーHCはグリーンについて次のようにコメントしている。

「X線検査の結果はネガティブだった。彼を後半プレイさせることは意味がなかった。検査のようなものを受けさせ、彼をコートに出さないことを決めた。どうなるか見てみよう。次のゲームまで数日ある」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】