【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード 新生シクサーズは「特別なことを成し遂げられる」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは先日、ミネソタ・ティンバーウルブズとのトレードでロバート・コビントン、ダリオ・サリッチ、ジェリッド・ベイレス、2022年のドラフト2巡目指名権を放出し、ジミー・バトラーとジャスティン・パットンを獲得した。

今季ここまで7勝5敗のシクサーズだが、バトラーの加入により、さらなるステップアップが期待されている。

問題は、バトラーがシクサーズのシステムにフィットするかどうかだろう。

だが、ジョエル・エンビードは問題はないと感じているようだ。

バトラーと個人的な親交を持たないエンビードは、ウルブズのカール・アンソニー・タウンズとアンドリュー・ウィギンスからバトラーについて聞いたという。エンビードのコメントをbleacherreport.comが伝えている。

「彼らは俺たちが間違いなくうまくやれると思ってる。彼は勝利を求めている。ウィグス(ウィギンス)は、俺達は間違いなくイーストを制するだろうと言ってくれたんだ」

「彼がフィットする方法を見つけるだろう。彼にはここにフィットする気持ちがあると、俺は確信してる。だから、フィットする方法は見つかるだろうね」

「彼がいることに興奮する。俺たちなら何か特別なことを成し遂げられるだろう。俺はそう思ってる」

バトラーは勝利を真剣に求めず、ハードワークしない若手に対しては厳しく接すると噂されているが、エンビードも勝利を強く求めるプレイヤーだ。

バトラーがシクサーズにうまくフィットし、イースタン・カンファレンスを盛り上げてくれることを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA