【スポンサーリンク】

クレイ・トンプソン ケビン・デュラントとドレイモンド・グリーンは「大丈夫」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントとドレイモンド・グリーンは、先日行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦のレギュレーション終了後に口論を繰り広げた。

試合後のロッカールームでは他のチームメイトもグリーンに批判的な声をあげたと報じられると、ウォリアーズは「チームに有害な行為」と判断し、グリーンに出場停止処分を科した。

今でもその問題は尾を引いているとされているが、クレイ・トンプソンは解決できると確信しているようだ。

トンプソンはデュラントとグリーンについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼らは大人だ。彼らなら大丈夫だろう。俺は彼らのことが大好き。結局のところ、俺たちは同じチームにいるし、同じ目標を持ってる。スリーピートという目標をね。彼らがそれを見失うとは思わない」

レギュレーション終了間際にはトンプソンもボールを持つチャンスがあり、グリーンのターンオーバー後に不満の表情を浮かべていたが、過去のものとし、今は前に進むことが重要だと考えているのだろう。

思わぬ形で困難に直面したウォリアーズ。

これを乗り越え、一丸となってスリーピートを目指してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA