ドレイモンド・グリーン 出場停止処分を「神に感謝」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは先日、チームに対して有害な行為をしたとし、1試合の出場停止処分を科せられた。

グリーンはつま先を痛め、問題が起こる前の試合を欠場していたため、「有害な行為をした」ことが明かされるまでつま先の怪我で欠場するのでは、とも報じられていた。

グリーンは実際につま先を痛めており、出場停止処分中の時間を治療にあてていたようだ。グリーンのコメントをslamonline.comが伝えている。

「(つま先の怪我は)OK。大きなものじゃない。ただ、俺は欠場するのが好きじゃないから、できるならプレイしたい」

「(ロサンゼルス・)クリッパーズとのゲームで42分プレイし、その翌日はかなり痛かった。出場停止処分を神に感謝してる。本当に痛かったからね。家では一日中座り、アイシングなどの治療をしてたんだ」

グリーンによると、つま先の痛みはまだあるため、スティーブ・カーHCやトレーニングスタッフ陣と出場時間について話したという。

今はまだシーズン序盤であるため、痛みに耐えてプレイし続ける必要はないだろう。

なお、グリーンは現地17日のダラス・マーベリックス戦を欠場する見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA