カイリー・アービング ゴードン・ヘイワードに「もっとアグレッシブに」

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのゴードン・ヘイワードは、ユタ・ジャズ時代のようなパフォーマンスを見せることができていない。

ヘイワードのスコアリングはセルティックスにとって大きなオプションのひとつとなるであろうが、ジャズ時代のようなパフォーマンスを取り戻さない限り、セルティックスも難しい時間を送ることになるだろう。

そんな中、オールスターポイントガードのカイリー・アービングは、ヘイワードについて次のようにコメント。bostonherald.comが伝えている。

「正直言うと、ゴードンは彼のポテンシャルと才能に対し、パスが少し多いと思う。今後の数試合で、彼はこれまでとの違いを見せてくれるんじゃないかな。よりアグレッシブに攻め、より彼のショットを見つけてくれると思うよ」

「昨日の練習の時、彼にこう伝えたんだ。『君のショットをもっと見つけてくれ。アグレッシブにプレイし、君自身を取り戻せ。このリーグにおいて、君は素晴らしいタレントだからね。それを忘れてもらいたくない』とね。もちろん、ピック&ロールの時やパスにおいて、彼は素晴らしい仕事をしてる。ただ、俺は彼にもっとアグレッシブにプレイしてもらいたいし、俺たちのためにスコアリングしてもらいたい。なぜなら、競ってる時の俺たちはそれを必要としてるからだ」

ファイナル進出が期待されているセルティックスだが、現在11勝10敗でイースタン・カンファレンス7位。

同首位のトロント・ラプターズまで6.5ゲームの差があるため、早めに調子を取り戻したいところだろう。

セルティックスの躍進にはヘイワードが鍵となるかもしれない。

なお、今季のヘイワードは19試合に出場し、平均26.7分のプレイで10.1得点、5.4リバウンド、3.2アシスト、1.3スティール、FG成功率40.0%、3P成功率29.2%を記録。

キャリアを通してジャズとセルティックスでレギュラーシーズン通算536試合に出場し、平均31.1分のプレイで15.4得点、4.2リバウンド、3.4アシスト、1.0スティール、FG成功率44.3%、3P成功率36.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA