【スポンサーリンク】

エルトン・ブランドGM マーケル・フルツのトレードの噂は「ノイズ」

キャリア2年目を迎えているフィラデルフィア・セブンティシクサーズのマーケル・フルツには、トレードの噂が浮上している。

先日はフルツが「新たなチームで新しいスタートを切りたい」と話したと報じられ、トレードの噂が加速することになったが、シクサーズのゼネラルマネージャーを務めるエルトン・ブランドがフルツのトレードの噂を否定した模様。

ブランドGMはフルツのトレードについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「我々が集中してるのは、マーケルの健康だ。数日中に彼の状態を知りたい。ただ、重要なのは彼を助けること。君たちが他に見たり聞いたりすることは、ただのノイズだ」

そう話したブランドGMだが、発言後もフルツのトレードの噂が途切れることはなく、フェニックス・サンズなど複数のチームがフルツに関心を持っていると噂されている。

サンズはポイントガードが不足しており、フルツが健康を取り戻せば十分な出場機会を得ることができるだろう。

果たしてシクサーズはフルツをどう扱っていくのだろうか。

なお、今季のフルツは19試合に出場し、平均22.5分のプレイで8.2得点、3.7リバウンド、3.1アシスト、FG成功率41.9%、3P成功率28.6%、フリースロー成功率56.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA